未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。彼女に振られて未練タラタラ状態。そんななか、日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます

ケアマネ試験合格発表。

昨日、ケアマネ試験の合格発表があった。

自己採点では過去の最低合格ラインより1点低かった。

たぶん不合格だと思うのだが、今年の試験は例年より難しいと感じたので、もしかしたら合格ラインが下がって合格もあるんじゃないかと期待。

そんなことあるはずないのに、発表が近づくにつれ期待が大きくなる。

発表前にはほぼ合格したんだと錯覚。

それで結果は、やっぱり不合格。

合格ラインは、過去の最低合格ラインだった。

もう1点下げろよって感じ。

合格率は、16%ぐらい。

そんなに低いんだから、もう1点下げてもいいじゃんと、ムカつきが抑えられない。

イライラ全開!

そんな時にハガキが届いた。

そこには、しっかり不合格と書かれていた。

さらに、点数も記入されていた。

自己採点より2点低かった。

ということは、3点も足りなかった。

イライラできる立場ではないなと。

にも関わらず、新しいイライラ発生。

自己採点でなんでマイナス2点なんだ!

プラス2点なら合格だったのにと。

訳の分からないイライラ。

あれから一晩たったが、悔しい気持ちが消えない。

試験なんて落ちたことないのに。

超屈辱。

もう早くリベンジしてやりたい!

おい!ケアマネ試験!来年も受けてやるからな!

めちゃくちゃ悔しい。

うーん、自己採点をプラスのほうに間違えていれば合格だったのにな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ぽっこりお腹解消ダイエット。

夜勤ばかりの生活が続き、コロナによるジムの制限の為ジムに行かなくなって、ストレスが減り、彼女がいないということがあり、気がつくとぽっこりお腹が存在感をガッツリ現してきていた。

かなりやばい。

というかもう手遅れっていう感じもするレベル。

「諦めたらそこで試合終了」とスラムダンクの安西監督の言葉を思い出し、諦めないことに。

でも、激しいのとかキツいのとかしんどいのは嫌。

そこで、こいつに目をつけた。

https://youtu.be/n7TFxUdsH-k

ぽっこりお腹解消ダイエット。

時間も短く、内容もなんとかできそうなレベル。

とりあえずやってみた。

まぁまぁ大変だった。

でもなんとか続けられそう。

ということで、今、連続10日。

いまだ成果はない。

でも、まだまだこれから。

継続は力なり。

でも、結構、しんどい。

正直、継続が厳しい。

そこで、ブログに掲載して自分を少し追い込み、やる気をアップさせる。

やる気アップ。

でも、コメントとか見ると、1セットでは足りなさそう。

でも、これ以上は無理。

とりあえず、今年いっぱいは続ける。

来年は、それにさらにプラスアルファをしてやる。

まずは続ける。

頑張れ自分。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自惚れ。

先日、施設での発表会が行われた。

その発表会に自分も論文を提出しており、きっと高い評価を得るだろうと自信をもっていた。

今年は、コロナの影響でZoomでのオンライン開催であった。

発表する人は最初から決まっており、自分の発表はない。

最初から自分の論文は、抄録に掲載されるだけということであったが、そのとおり掲載されただけだった。

なんかすごく頑張って、期待と希望に満ち溢れていたのに、最初からの予定通りといえば予定通りなのだがとても寂しい。

ただ、他の論文をみると、内容がとてもわかりやすいというか単純。

そんなこと論文にする必要はある?と感じるものが多かった。

しかし、そんな単純な論文に自分の論文は飲み込まれていた。

郷に入っては郷に従えというのか、かえって浮いていて逆にレベルの低い論文にも感じられる。

むしろそう感じている人の方が多いのでは無いかと自分自身も感じる。

ほんとただの自惚れ。

あんなにいい論文が出来たと思っていたのに。

さらに、自惚れは続く。

中村倫也、磯村勇斗に並ぶ、黒髪ロングの爽やかヘアになったつもりでいたのだが、どうもしっくりこない。

施設では、キムタクヘアーやパーマをかけたり髭を伸ばしたりと。

お洒落なお兄さん気取りでいたのだが、おばはん看護師に一言。

「えっ40代なの?」「〇〇さんの方が年下でしょ?」〇〇さんは、自分の2つ上の冴えないおっさん。

そうなんだ。

50代のおっさんにみえてたんだ。

きっと他の人はそう思ってないと思うのだが、他の人からも近いようなことを言われたような気もする。

怖くて他の人に聞けない。

下手に聞いて、「50代のおっさんだよね」なんて言われた日には、もう涙が止まらなくなってしまう。

でも聞いてなくても涙が止まらない。

ただの自惚れなのか。

もう論文なんでどうでもいい。

誰か、自分をみて「20代だよね?」って言ってくれ。

お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ