未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。彼女に振られて未練タラタラ状態。そんななか、日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます

面接の結果。

http://satomi-love.mobi/archives/18526983.html

昨日、面接の結果が出た。

不採用だった。

自己PRもしっかりできたし、仕方ないかなという気持ちと、また数字や売上、ノルマだアポイントだなんていう世界に戻らなくてよくてホッとした気持ちで、残念という気持ちはあまりなかった。

ただ、やっぱり不採用というのは悔しい。

営業職はやらないと言いきったことが不採用の結果だったので、多少の慰めにはなるが、営業をやらなくてもいいから入社して欲しいと言われるくらいの男になりたいなとは。

最近は、看護師としての面接ばかりだったから、どこも是非とも来てくださいって感じだったけど、やっぱり社会は厳しいのかな。

これで、迷いなく老健へ。

明日、部長と面談予定を組んだので、きちんと退職の意を伝えてこないと。

なかなか難しそうだが、気持ちが硬いことを伝えれば大丈夫かな。

結構、メンタルがやられた1日だったが、こんな日は彼女に癒してもらいたいが、今は一人で耐えるしかない。

あぁさみしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

電話勧誘。

5年前にトヨタで車を買った。

メンテナンスや車検でディーラーから連絡がくる。

ハガキだけならいいのだが、電話もかかってくる。

最初は無料点検なので仕方ないと思っていたが、車検や定期点検は有料でありディーラーは高いので他の整備工場でやることにした。

なのに、勧誘の電話が続く。

最初は、電話に出たり、折り返しの電話をしたこともあったが、だんだんウザく感じるようになり無視するようになった。

無視しているのに、何度も電話がくる。

もう1年近く無視しているのに。

正直、いい加減にして欲しい。

というか、無視してるのにかけ続けるディーラーにも感心する。

出ない自分が悪いんだろうけど、いい加減こっちの気持ちを察して欲しい。

どれだけメンタルが強いのか。

そして、今回は5年前に買った車のクレジット払いが終わるので、どうしますか?との問い合わせだった。

実家に電話をしたようで、用件がわかった。

クレジットが終わったら、それで終わりでしょ。

買い替える気もないし、他に何があるのか。

いちいちディーラーに報告する義務があるのかと。

なのに、また電話が。

こっちは、外資系の面接の結果を待ってる時なのに。

さすがにイラついたので、クレジット会社に電話。

もう終わりでよいので、ディーラーに伝えてくれと。

すると、ディーラーに一度来店して所定の書類に印鑑を押して欲しいと。

ディーラーに行きたくないからわざわざそっちに伝えたんだけど。

どうしても必要なら、郵送してくれと言ってくれ。

担当者の顔も見たくないし、話もしたくないからと。

その後は、連絡はないけれど。

近所のディーラーだけど、本当に面倒くさい。

天下のトヨタなのに、ディーラーはこんな感じなのか。

また連絡がくるようなら、お客様相談室にでも相談してみるかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ペインレス。

「ペインレス」天童荒太の作品である。

https://www.shinchosha.co.jp/sp/painless/

看護学生の頃、少し鬱っぽい時期があって気をまぎらわせる為に、読書に耽っていた。

看護学校にも図書室があり数冊ではあるが小説も置いてある。

その中に、天童荒太作品の「永遠の仔」があった。

分厚く上下巻だったので、時間潰しに最適と思い手に取った。

手に取ってビックリ。

もう何年も置いてあるはずなのに、まっさらの新品だった。

さすが三流の看護学校だなと。

読書の習慣、一切無し。

そして手に取った「永遠の仔」。

この作品から天童荒太にはまった。

「悼む人」では、彼女と作品を共有し二人で語りあった。

なかなか人に言えない気持ちが共有でき、心から彼女に甘えることができるようになったきっかけの一冊かも。

その後の何作品もよかった。

前に読んだ作品も何度も読み返し、その度に心を癒していた。

そんな天童荒太の新作が「ペインレス」。

痛みがテーマの作品。

痛みを感じない人間。

無痛症というのがあるのは知っていて、そのあたりの話かと思っていたら、そうではなかった。

心の痛みを感じない人間の話だった。

心の痛みを感じない人間なんて、全く想像してなくて、そんな人間を考えると様々な想像が浮かんできた。

心の弱い自分には、より希望や現実からの逃避につながり夢中となった。

心に痛みを感じなければな、なんて。

今は、彼女のこと、転職のことで心は疲労している。

何も考えず損得で決めれれば楽なのかな。

まぁでも、悩むことも楽しいといえば楽しいし、悩んで選んで決めた結果だから、上手くいこうがいかないだろうが、それもそれでいいのかも。

痛みに怯えるだけでなく、痛みを楽しんでいこうかな。

SとかMとか鞭とか使う変な方にはいかないといいけど(笑)



1559099211751472572832
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ