夜勤明けのデート。

昨日、はじめての夜勤明けのデートだった。

気合いで仕事を片付け、十時半に終わらせた。

普段なら昼頃までかかっているので、とても成長した。

彼女もそんなに早く終わるとは思っていなかったみたいで、少し待たされた。

そして、デートスタート。

彼女が運転をしてくれる。

彼女の希望で、ちょっとコジャレたイタリアンヘ。

とてもこだわりのあるパスタのコースで、料理を楽しめ会話も楽しめ、有意義な時間が過ごせた。

そして料理も終え、次はどうしようかと。

彼女の顔も笑っており、僕も甘えながら、

「夜勤明けで、ベッドに横にならないとダメー」

と、そして部屋へ移動。

夜勤明けだから疲れと眠たさでぐだんぐだんだろうと思っていたのだが、普段と変わらない自分がそこにいた。

シャワーを浴びてベッドへ。

やっぱり疲れも眠気もなくいつものテンションで。

でも何故か彼女のテンションが必要以上に高い。

僕の仕込んだ秘策のせいなのか不明ではあるが、いつも以上に激しい彼女にとても満足できた。

約1時間ほどで、彼女のタイムリミットに。

そのまま解散。

その後は、やっぱり夜勤の疲れがどっとでて、爆睡へ。

疲れもあるのか、大きな口内炎が舌ベロに。

ちょっと頑張り過ぎたかな。

次のデートも、今日と同じ僕の夜勤明け。

また彼女が燃えてくれるかなぁ。






スポンサードリンク