プレーの振り返り。

某番組コンペの振り返り。

第一打。

最近、第一打の調子が悪いことが多い。

以前は、ナイスショットとまではいかないがそれなりのティーショットができていた。

緊張もあり、不安な気持ちも強く、とりあえず空振りせずに当たればという気持ちでプレーしていた。

今は、自分の悪い癖が出ないように確認しながら無心に近い状態で振っている。

場馴れなのか、自信なのか、不安な気持ちよりルーチンを大事にすることに頭がいき、振りが大きくなっているかもしれない。

それ以前に、練習量も不足。

さらに練習量が不足しているにも関わらず、不安な気持ちにならないのも問題である。

以前に戻って、前日もしくは当日には必ず練習をするようにしていくことにする。

この日は、一回も芯に当たることがなかった。

これは単なる練習不足ということにして、次に練習したにも関わらず芯に当たらないことがあったら考えるようにしよう。

アプローチ、パットはよく、パーオン率が0%にも関わらず何個かパーもとれ、オッケーパットも多く久しぶりにパット数が2を切った。

前回や前前回の反省が生きているようだ。

ただ、バンカーショットがまた苦手になってきた。

間違った方法ではあったが、以前は通常のショットと同じような感じで砂を薄くとるイメージで打っていたのだが、エクスプロージョンを意識するようにしたら、また迷宮入りをしてしまった。

バンカーは練習場が少ないので、今後どうするかだが、とりあえず、以前の方式に戻すことにする。

そんな感じで反省。

そう言えば、以前にも反省をした記憶があるが内容が思い出せない。

ここも一度振り返っておかなければな。
スポンサードリンク