責任。

今日も彼女と日勤。

昼の休憩中に彼女と話。

彼女の看護学校の同期から年賀状が来たと。

その子のことは、僕もよく知っている。

歳は僕と同級生でバツイチ。

あまり美人ではなく、タバコも吸う。

僕のタイプではない。

その彼女からの年賀状には彼女の近況が。

再婚をし家を建てていると。

幸せの報告だった。

彼女たちと何度か飲みに行ったこともあり、それなりに彼女のことも知っている。

その頃から約5年。

その子は結婚し家を建てると幸せの道を着実に歩んでいる。

仕事も公務員になっていた。

一方、僕と彼女は。

5年間、何も進んでいない。

僕は、最近でこそFXが好調ではあるが実家への返金や仕送り、ギャンブルでの浪費などもあり家を建てるどころか、結婚式の費用すら怪しい。

彼女を幸せにする支度もない。

5年前、彼女と僕が出会わなければ彼女はもっと幸せになれたんじゃないかと。

過去には戻れない。

彼女にとって無駄な5年を過ごさせてしまった。

責任は重い。

なんとか彼女を幸せにしたい。

なんとかならないかな。