誕生日会。

今日は誕生日会。

誰のかというと、ドクター。

この病院では、一番売り上げに貢献しているドクターであり、このドクターが居なくなるとこの病院の先は暗くなるだろう。

手術の予約が3ヶ月待ちになるスーパードクターである。

僕と彼女と若い女性看護師の3人で働いているところにドクター現れる。

そのドクターは、彼女のことを気にいっている。

その為か凄くご機嫌で僕に話かけてきた。

機嫌が良いのを察知した僕は、ここぞとばかりに焼き肉を催促。

彼女の前ということもあり、あっという間に段取りが進んだ。

誤算は、僕が幹事になったことと、その段取りをとった日がたまたまドクターの誕生日になってしまったこと。

必要以上に煩わしい段取り。

しかし、昔からこういった催しものの段取りは得意だった。

振り返えると、数少ない僕の特技の一つなのかもしれない。

そして迎えた誕生日会当日。

まわりの要望もあって予約した店だが、どうもイマイチな感じ。

客もいなければ、メニューも少ない。

なかなか注文したメニューが出てこない。

静まりかえった店内。

ここで、雰囲気やメニュー、メンバー、ここから僕の特技が発動した。

少しづつコネタを入れながら場を和ませる。

当然ドクターの気持ちを高めさせる。

徐々にアルコールも入ってきた。

10人のうち、アルコールを飲むのはドクターと僕とおばはん看護師の3人。

絶対的に盛り上がらない。

しかし、コネタを使用しドクターを持ち上げる。

ドクターから高級ワインの注文が入った。

この時点で勝利を確信。

2時間ではあったが、必要以上に場が盛り上がった。

ドクターは、超ご機嫌でお会計はすべてドクター持ち。

高級ワイン2本空けており、そうとうの金額だっただろう。

にも関わらず、ドクターからまた来月もやろうとお誘いあり。

まわりのスタッフからも楽しかったねと絶賛の声。

病棟へ異動になった僕にとっては初の飲み会であり、まわりのスタッフへの良いアピールになった。

次は新人に幹事をやらせて不参加予定。

盛りあがらなければ、最高なんだが。

やっぱり僕がいないとなんてなるといいけど、なかなかそんなふうにはいかないだろうが。

スポンサードリンク