障害。

今日もゴルフの練習へ。

かなりの強風の為、今日は1F打席のみの営業。

いつも3Fに行くのだが仕方なく1Fへ。

すると、近くの打席に気になる雰囲気が。

しっかり確認すると、片手のない方が練習をしていた。

少しだけ様子をみる。

時間もあまりなくよく見ることは出来なかった。

雰囲気はガテン系だから、仕事かなにかの事故じゃないかなと考えられる感じ。

勝手な想像になるのだが、ガテン系のゴルファーだとやっぱり飛距離を競っていそうで、人より遠くに飛ばすことに快感を感じていたのではないかと。

さすがに片手だと飛距離もでないだろうし、競うってことができないのではないかと。

スコアも出せず、ゴルフ自体面白くないんじゃないかと。

なのに、勝手な想像だが、ひたむきに練習するその姿に心苦しいものを感じた。

自分なら。

今、馬鹿みたいに夢中になってるゴルフが片手でやるなんてことになったら、つらいし悔しいし、悲しい思いしか想像できない。

彼はどんな気持ちなんだろう。

今の勤務先の施設の利用者さんにゴルフ好きの人がいて、その人はプレー中に脳梗塞を発症して方麻痺になった。

その為、ゴルフは一切やってない。

というか、麻痺でできない。

でも、リハビリをすれば少しは動かせるんじゃないかと勝手に思い、上手く動かなくてもそれなりにできるんじゃないかとも。

施設で暇してるならやればいいのになとも。

まだ片麻痺の状態を受け入れられてないのかなとも思い、少しづつ受け入れ前向きに取り組めるようになるといいのだが、いまだにそんな気配はまったくない。

だからなんだという訳ではないのだが。

ただ、自分は五体満足で好きなことがやれて幸せなんだなと。

障害のある人を見て、そんなことを感じる。

なんか恥ずかしい。

実現することはないが、この二人と一緒にラウンドをしてみたいとも。

二人が楽しそうにラウンドする姿を見てみたい。

そして二人の思いを聞いてみたい。

そうは言っても、そんな二人の気持ちに怖くて触れられず何もしない。

だから何も変わらない。

何が言いたいかもよくわからない。

でも、片手で練習している彼を見て、胸がズキンとし、いろいろと考えた。

そのことを、理由はよくわからないが、しっかりと覚えていたいと思う。