歯科医。

元カノが通ってた歯医者があって、そこに自分も通っていた。

そこの待合室にはゴルフの本が置いてあり、きっとここの先生もゴルフが好きなんだなと思っていた。

そんなある日、この歯医者さんが実は同じゴルフ場のメンバーさんだと気付いた。

ふと名前が似てると思って調べたら同じだった。

なんだか親近感を感じていた。

よく見ると、同じ苗字が二人いて、もしかしたら親子で参加してるのかななんて。

3月の月例会に向かう時、後ろからレクサスに軽くプレッシャーをかけられながら走っていた。

そしたら、そのレクサスは一緒のゴルフ場へ。

どんなやつかと思って見たら、若い男だった。

若いくせにレクサスなんて、なにして買えるんだろうなんて。

プレーも終わって風呂に入ってると、その若い男もいた。

鍛えられたいいカラダをしていた。

一緒に話をしている人はメンバーさんで結構上手い人だった。

もしかしたら、この若い男もメンバーなのかなと。

さらにAクラスぽいなと。

苗字でなく名前で呼ばれていたので、その名前でメンバー表をチェック。

あ、歯医者の息子だ。

しかも、ちゃんと歯科医だった。

なんだろう。

なんか敗北感に包まれた。

今まではBクラスでも最年少だと思っていて年齢的に見たらかなり上手い方だと思ってた。

さらに、イケメン度もトップだと。

最年少も奪われ、イケメン度も奪われた。

鍛えたカラダも負け、車も負けた。

なにひとつ勝っているところが見つからない。

服装もおしやれ、クラブも最新モデル。

もうジェラシー以外になにもない。

悔しい。

高校の時、バスケ部の先輩に歯医者の息子がいた。

めちゃ頭の悪い先輩だった。

なのに、歯科医になり、今では青年実業家っぽく活動している人もいる。

信じられないくらい頭は悪かったのに。

すべてが親の七光とは言えないと思うが、どうしてもそう思ってしまう。

ちなみに自分の家は、かなりの貧乏人。

敗北感。

でも、いい目標が出来た。

まずはゴルフで倒す。

今年中にAクラスに上がり、来年、倒す。

絶対に負けられない。