未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

カテゴリ: 日記

猫カフェにがっかり。

今日、彼女と猫カフェに行ってきた。

フリードリンクということだったけど、安っちい紙コップの自販機だった。

せめて、ガストぐらいのドリンクバーを用意して欲しいなと。

いざ、入室。

可愛らしく綺麗な猫がいっぱい。

こたつの席が空いていたのでそこへ。

いい席が空いててよかったねと言いたいところだけど、客は誰も居なかった。

二人でこたつ席に座ってラブラブモードといきたかったけど、なにかが足りない。

・・・。

猫がいない。

いや、いることはいるのだが一切近寄ってこない。

周りを見渡す。

あっ、猫じゃらしを発見。

早速使用する。

猫ちゃんたちが近づいてきて、猫じゃらしで遊ぶ。

遊ぶけど、何かもの足りない。

一向にこちらになついてこない。

強引に膝の上にのせるもすぐに脱走。

頭や喉をなぜてもゴロゴロ言わない。

彼女も僕も猫を飼っていたことがある。

ある程度猫のことはわかっているつもりであったが、ここまでなつかないとは。

30分で退出。

せっかくのデートだったのに、盛り上がりがなかった。

その後、ラーメンを食べて軽くドライブをして帰宅。

今日の彼女もとても綺麗だった。

そして、デートすごく楽しかったよと。

なんていい子なんだろう。

帰宅後にライン。

彼女から、

「次のデートはくっつきたいな」

だって。

次のデートは、月曜日。

いっぱい彼女に甘えちゃうにゃん🐱

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

猫カフェ。

明日は、彼女とデート。

遠出をするのは、三月以来になる。

そして行く場所は、彼女のリクエストにあわせて猫カフェ。

彼女は、どちらかというと強いタイプ。

かわいいよりは、美人。

妹よりは、お姉さんタイプ。

そんなタイプの彼女が、

「猫カフェに行ってみたいにゃぁ。」

だって。

スッゴク可愛かった。

以前にもデート中に、野良猫をみかけたことがあってその時も可愛らしく野良猫に話かけていた。

明日の猫カフェではどうなっちゃうんだろう?

楽しみだな。

まぁ、今月はまだ休みが一日しかなくて、肉体的にも精神的にも疲れていたけど、明日のデートを楽しみに頑張れた感じかな。

明日は、いっぱい甘えちゃおっと。

生理なのが残念だけどな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ただの日記に戻る。

このブログを始めて結構な日にちが経つのだが、ついに連続更新が終わってしまった。

原因は、周りの目を意識してしまったことかなと。

あんまりPV数が増えないので、なんか少しでも面白く関心の持たれる内容にしようなんて思ったものだから、ただでさえネタ切れなのに余計に書くことがなくなってしまった。

さらに、なんとか書き進めても落ちとか考えたりして、進まなくなってしまった。

ということで、なんにも考えずただの日記を書くことに。

継続を目標にまた続けていこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

マニュアルを作る。

どうも仕事がスムーズにこなせない。

基本的に要領は良くない。

マニュアルを作り、マニュアル通りに動けば多少効率良く動けるのではないかと。

ただ、マニュアルを作ったからといってすぐに結果がでるものでもないだろう。

自分が困った時に何かをする。

それは何でもいいんじゃないかと。

まず一歩を踏み出す。

これが大切だと考える。

僕の好きな言葉は、

「塵も積もれば山となる」

ということで頑張ってみよう。

マニュアルを作るということは、仕事を振り返り理解ができてないと出来ない作業である。

マニュアルが出来れば自分自身の成長は間違いない。

今は、彼女と上手くいっている。

ほんとはもっと彼女と一緒の時間を楽しみたいのだが、彼女と一緒にいれる時間は限られている。

もっと彼女に認めてもらいたい。

彼女に認めてもらえるもっといい男になりたい。

カッコいい男になりたい。

それが今の僕の原動力。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

もしかしたら変態なのかも。

26日に彼女と会う予定である。

そして、部屋でいちゃいちゃするつもりでいる。

最近、ガラケーからスマホに変えた。

そして、スマホは結構、綺麗に動画が撮れる。

以前、彼女と別れた時、やっぱりもう彼女を抱けないのかとさみしい気持ちになった。

そんな時、彼女の写真を見て、寂しさを紛らわしていた。

写真もいいけど、動画があればもっと寂しさをまぎらわせるんじゃないかな。

今、彼女といつ別れてもおかしくない状態である。

そんなわけで、ふと彼女とのいちゃいちゃをカメラに納めたいなんて思ってしまった。

彼女に聞いても、撮影を了解するわけはないと思うので、盗撮するしかない。

気がつくと、夢中になっており、いろんな場所にスマホをセットしはじめた。

ひとりシミュレーションを重ね、盗撮プランを作成してしまった。

盗撮する度胸はないだろうが、こんなことを考え、シミュレーションまでしてしまう自分は、明らかに変態だ。

まだ何日も先なのに、頭の中は、彼女を抱くことしかない。

僕は彼女が好きなんだろうか、それとも抱きたいだけなんだろうか?

やっぱり僕は変態なのかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ