未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

Category: 日記

迷い。

昨日の夜勤は、すごく落ち着いていた。

朝のドクターの回診も上手くこなせた。

さらに、ドクターからゴルフの誘いと飲み会のセッティングを頼まれた。

飲み会のセッティングをわざわざ頼んでくるということは、それだけ頼りにされている感じがした。

辞めると決めたのに、必要とされていると思うと辞めることに抵抗を感じる。

仕事も上手くこなせたこともあり、仕事に楽しさも感じてしまった。

辞めると決めたのに。

彼女からは何の連絡もない。

少し前までは怒りもあり、別れても平気だった。

時の流れなのか、怒りの気持ちが薄らいでいく。

別れたくない。

彼女への思いが募る。

別れても平気だと思ったのに。

迷っている時は、決断をしない方がいいなんてことを聞いたことがある気がする。

「迷ったとき」とググって見た。

いろんな意見があった。

結局、何が正解なのかわからなかった。

まぁそんなものだろう。

今までの人生、何回か後悔した選択肢があった。

文系か理系かを決めた時。

何社かあった内定先から就職先を決めた時。

年末に全部処理すると決めていたのに、処理せず大暴落して財産を失ったビットコインとFX。

たぶん、探せばもっと沢山の後悔する選択があっただろう。

後悔はしているが、今こうして豊かではないが、苦しむことなく生きている。

中には、成功した選択もあっただろう。

結局、よくわからない。

今のところの選択として、転職はする。

彼女とは、結論を出さずにダラダラと。

そんなところかな。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1年前。

約1年前にブログをスタートさせた。

http://satomi-love.mobi/archives/8839264.html

ブログを振り返り、1年前の自分を思い出すことができる。

タイトルにあるように、彼女と別れその彼女に未練タラタラだった。

今も彼女と別れてるような感じだけど、未練タラタラではない。

当時はまだ同じ部署ではなかったが、仕事で顔を合わせることも多く、顔を見る度に美人だなと思い未練が募っていた。

今は、部署が違い、彼女も退職予定で顔を合わせることがほとんどない。

そのせいなのか、また別の理由があるのか、それほど未練はない。

ただ、5月に行く予定にしていた温泉旅館の予約と、彼女との営みの為に買いだめをした備品がむなしく佇んでいる。

そして、1年間ブログを書いてきたが、全く文章力も上がらず、内容も成長しない悲しい現実に気づく。

超前向きに一言。

成長できていない自分に気づけてよかった。

相変わらずで悲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

不思議なつながり。

ツイッターを始めて、最初は看護師さんのフォローをした。

自分のホーム画面に表示されるつぶやきを見ながら、少しづつフォローを増やしていった。

するとなぜだか介護士さんが増えていった。

最初の頃は、病院に勤めていることもあり介護士=看護助手という感じでいた。

しばらくして、一緒に働いていた看護助手さんが施設の介護に異動することになった。

その人は自分で希望をしての異動だった。

その人と話をし、介護職というのを再認識することになった。

少しではあるが介護士という仕事を理解することができた。

そして少ししたら、転職のオファーが老健からきた。

今まで老健に勤める気もなかったし、やっぱり病院でという気持ちがあったのだが、介護職のことを再認識したことがあって、一度、話を聞いてもいいかなという気持ちになり、面接へ。

http://satomi-love.mobi/archives/17825921.html

面接へ行き、施設見学をするとよく理解でき、老健で働くのも悪くないと思い転職を考えはじめた。

そして今では、老健で働きたいと思い、退職をすることにした。

まだ実際の現場で働いていないので実際のことはわからないが。

何も考えずにはじめたツイッターだが、自分にこんなふうに影響をするとは。

もしツイッターをはじめてなかったら、どうなっていたのかなぁ。

施設見学の際、ぜひ来て欲しいということで高い給料設定など好条件でオファーをしてもらえたのだが、前もっての介護職のことを知らなかったら、良い条件ももらえなかったかも。

ツイッターだけが原因ではないとは思うが、不思議なものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

あっさり。

転職を考えていることを彼女にライン。

12時間後に返信があった。

他人行儀な返事だった。

まぁとりあえず報告は終わったので、それでよしとしよう。

次の段階の話をどうしようかと考えていたら、上司がたまたま休日出勤してきた。

とりあえず、話があるので後日時間をとって欲しいと伝えると、今なら大丈夫だと。

そのまま、退職の意向を話した。

わかりました、上に報告しますと。

こちらもあっさり。

まぁこちらも一応報告が終わったからよしとしよう。

もう少し親身に相談にのってもらえるかななんて期待してたのかも。

誰かに親身になってもらいたいが、退職のことは誰にも言えない。

退職するまで極秘にしておかないと何かと風当たりもきつくなるかもしれない。

このあとどのような展開になるのだろうか。

きつくて大変な3ヶ月が始まった。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

不安な気持ち。

転職活動をし、老健から勤務条件が出た。

悪くない条件であった。

転職の意向は固まりつつある。

すると、今の仕事に対しての不安が強くなってきた。

三流病院は、退職をするにあたり3ヶ月前に意向を伝える必要がある。

4月末に伝えると退職は7月末になる。

多少の有給を使用するとしても2ヶ月以上は働かなければならない。

かなり風あたりの強い2ヶ月になりそうで不安な気持ちが静まらない。

そのあたりの様々な不安がたくさん出て、心が折れそうであり、一刻も早く三流病院から逃げ出したい。

義理的に彼女に老健へ転職を考えていることをライン。

不安から出た行動なのか、あくまでも義理的になのかはわからない。

しかし、もう半日は経過しているのだが既読にならない。

余計に気持ちが静まらない。

不安な気持ちが強すぎて、夜勤前なのにブログを。

少しだけ気持ちが静まりそうだ。

これから夜勤。

落ち着いた夜勤になればいいのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ