未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

カテゴリ: 看護師

誕生日会。

今日は誕生日会。

誰のかというと、ドクター。

この病院では、一番売り上げに貢献しているドクターであり、このドクターが居なくなるとこの病院の先は暗くなるだろう。

手術の予約が3ヶ月待ちになるスーパードクターである。

僕と彼女と若い女性看護師の3人で働いているところにドクター現れる。

そのドクターは、彼女のことを気にいっている。

その為か凄くご機嫌で僕に話かけてきた。

機嫌が良いのを察知した僕は、ここぞとばかりに焼き肉を催促。

彼女の前ということもあり、あっという間に段取りが進んだ。

誤算は、僕が幹事になったことと、その段取りをとった日がたまたまドクターの誕生日になってしまったこと。

必要以上に煩わしい段取り。

しかし、昔からこういった催しものの段取りは得意だった。

振り返えると、数少ない僕の特技の一つなのかもしれない。

そして迎えた誕生日会当日。

まわりの要望もあって予約した店だが、どうもイマイチな感じ。

客もいなければ、メニューも少ない。

なかなか注文したメニューが出てこない。

静まりかえった店内。

ここで、雰囲気やメニュー、メンバー、ここから僕の特技が発動した。

少しづつコネタを入れながら場を和ませる。

当然ドクターの気持ちを高めさせる。

徐々にアルコールも入ってきた。

10人のうち、アルコールを飲むのはドクターと僕とおばはん看護師の3人。

絶対的に盛り上がらない。

しかし、コネタを使用しドクターを持ち上げる。

ドクターから高級ワインの注文が入った。

この時点で勝利を確信。

2時間ではあったが、必要以上に場が盛り上がった。

ドクターは、超ご機嫌でお会計はすべてドクター持ち。

高級ワイン2本空けており、そうとうの金額だっただろう。

にも関わらず、ドクターからまた来月もやろうとお誘いあり。

まわりのスタッフからも楽しかったねと絶賛の声。

病棟へ異動になった僕にとっては初の飲み会であり、まわりのスタッフへの良いアピールになった。

次は新人に幹事をやらせて不参加予定。

盛りあがらなければ、最高なんだが。

やっぱり僕がいないとなんてなるといいけど、なかなかそんなふうにはいかないだろうが。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

久しぶりの再会。

今日は夜勤。

久しぶりに彼女と会う。

デートではなく仕事で。

最初はギクシャクした雰囲気を感じたが、そんなことなくいい雰囲気で仕事をすることができた。

ただ、僕の気持ちとしては彼女からの自立を考えている。

1月のシフトで彼女へラインに愚痴ってしまったが、

http://satomi-love.mobi/archives/14787059.html

今日はそのことで励ましてくれるでもなく、自分が異動することを他のメンバーと楽しそうに話をしていた。

もう彼女と一緒に働くこともなくなる。

彼女のシフトも彼女に聞かないとわからない。

今月は3日に抱いた以来交わりはない。

僕の性欲も静かなまま。

それなりに間があいているせいか、今なら彼女から自立できそうだ。

しばらくは、自分から彼女の予定を聞かないようにしよう。

そんななか、彼女と僕が申し送りをしている時に、ゴルフ仲間のドクターがきた。

このドクターは、彼女のことが好きであると僕は感じている。

ドクターは、少し耳が悪いところがあって僕が話かけた言葉が理解できず、なぜか

「焼き肉に行きたい」

と僕が言ったように理解した。

訳がわからない。

すると、彼女が相づちを打って、焼き肉をおねだり。

彼女のことが好きなドクターは、二つ返事でオッケーをし、今度、彼女の送別会も兼ねて焼き肉に行くことになった。

幹事は僕。

それなりに高くてもO.K. とのこと。

彼女がいると気前がいいな。

ご馳走してくれるようだったので、先日のゴルフコンペで入賞したことをみんなに説明をしてあげた。

ドクターはとっても喜んだが、しまったことが。

このゴルフコンペも彼女に内緒にしていたやつだった。

・・・

彼女との間に涼しい風が。

気付かない振りをして、仕事に逃げた。

戻ってきた時には、彼女も仕事を終え、他のメンバーと雑談中。

内容は異動のこと。

なんか腹が立つ。

そのまま、仕事へ。

そして戻って来たら彼女は帰っていた。

彼女はどんな気持ちなのかな。

とりあえずラインがきていたが、内容がよくわからない感じの差し障りのない感じのやつ。

それに合わせ、差し障りのないラインを返信したが既読にならず。

お互いに自立すればいいのかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

仕事中のライン。

僕は少し前まで手術室で勤務をしていた。

流れとしては、手術の準備をして手術に入り終わったら片付けをしてまた次の手術の準備をして手術に入っての繰り返し。

手術に入るのも1日2件程度。

ある程度慣れてくると、手術と手術の間に時間を見つけ、こっそり休憩をとる。

そんな休憩の時間、彼女にラインをしていた。

彼女が休みの日だったら、ラインは返ってきたが仕事中だとほとんど返事はなかった。

仕事中は自分のことを忘れられている気がしてすごく嫌だった。

ところが、自分が病棟で働くようになると彼女のラインのことなんかすっかり忘れて働いている。

病棟は、その気になればいつでも休憩がとれる。

しかし、やることが多いので休憩をとるより先にやっておきたいことを忘れないうちに済ましてしまいたいという気持ちが働き休憩をあとまわしにしてしまう。

結果、休憩を取らずに働き彼女へのラインを忘れる。

今は彼女からラインの返事がなかった理由もよくわかる。

ただ言えることは、休憩をあとまわしにしてまで働かないといけないのかということだ。

無理したっていいことはない。

ならば、ゆっくり働き休憩をしっかりとって残業代をもらうべきじゃないのかと。

明日からは、そんな気持ちでゆっくりじっくり頑張っていこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1月のシフト。

1月のシフトがでた。

ありえないシフトだった。

自分の休みは9日。

他のメンバーは全員11日。

全然意味がわからない。

夜勤もたったの3回半。

しかも夜勤のペアは嫌われものばかり。

正月も6日中5日出勤。

さすがのイエスマンも主任へクレームを。

主任へクレームを言ってはみたものの、たいした改善なし。

こんなレベルの改善なら文句言った意味もないし、言わなかった方がましだった。

このシフトに対するストレスはかなりのものだったのだろう。

彼女へラインで愚痴ってしまった。

ただでさえ二人の関係は修復されてなかったのに、愚痴ラインのせいでより悪化。

こういう時に愚痴とかを聞いてくれるのが彼女だと思うんだけどな。

とにかく酷いシフトだった。

もう何もする気になれないよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ICLS講習。

先日、ICLS講習に参加してきた。

もちろん、彼女に内緒で。

http://satomi-love.mobi/archives/14607929.html

ICLSとは、蘇生技術の習得の講習である。

心臓マッサージだけでなく、薬剤や除細動器(電気ショック)などを使用し、蘇生をさせる技術を身に付ける。

実際の場面では、医師の指示がないとできないこともあるが医師のフォローをできるようにということで技術を身に付けていく。

この講習は、今回で二回目になる。

一回目は、昨年だった。

全く興味もなかったのだが、先パイが希望していたのが先輩が院内活動をほとんどしていないので候補から外れ、後輩も希望していたが退職の予定があったので候補から外れた。

その結果、全く希望もしていなかったのに自分が選ばれた。

今年は二回目ということで、学ぶ方でなく学ぶ人たちのサポート役になる。

今回も誘われて断らなかったので参加している。

最近、イエスマンとよく言われる。

イエスマンだから、得をしていることもある。

イエスマンだから、損をすることもある。

でも、それに気付いた時に文句をいう。

イエスマンがノーをいうと効果が結構ある。

今後も、そんな感じでイエスマンでいこうと思う。

本当にそんなんでいいのだろうか?




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ