未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

カテゴリ: 看護師

日勤。

今日は、日勤。

手術が5件。

入院患者が8名。

看護師が四人。

一人休んだので3人。

結果として、手術患者3人みながら病院の半分の患者を看ることに。

とりあえず、やってみた。

そしたら、出来た。

こうして、人がいなくても仕事ができるということになり、人がいなくても大丈夫となっていく。

今日は、彼女と一緒の日勤。

終わったら、ハグしてもらう予定だった。

早く終わったら、ハグどころか部屋で小休止してもらうつもりでいたのに。

一人休んだ為、仕事が終わったのが21時。

彼女はリーダーだったので、まだ終わらない。

寒いなか彼女を待つ。

もうすぐ22時になる。

未だに彼女はこない。

早くこないかなぁ。

今月は、休みが合わなくて、会える日がほとんどない。

数少ない会える機会なのにな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ストレスの塊。

今日は、夜勤。

手術が8件もあるのに、看護師二人での勤務。

他の部署は、介護さん付きの三人勤務。

忙しさの比が違い過ぎる。

なのに、人員の補填や援助体制がない。

そんなことを夜勤が一緒の夜勤専属看護師のパートさん

http://satomi-love.mobi/archives/13242049.html

に愚痴ってみる。

一言、「上の人間がダメ過ぎる。」

彼女は、認定看護師の資格を持っており、病院の立ち上げ業務に立ちあったこともある有能な看護師である。

確かに、この病院は上の人間がダメ過ぎる。

いつも人員不足であり、ろくな人材のいないこの病院、責任は全部看護部長や副看護部長にあると言ってよいだろう。

二人ともこの病院の経験しかない。

昔っからの典型的な看護婦さん。

そんな二人が10年近くも上にいたら、こんな結果だろう。

早く辞めないかなぁ。

くたくたになりながら、4時間近くの残業をして帰る。

手術室の更衣室で着替えていると、オペがなく手術室で下らない雑談をしている手術室看護師の声が。

人員不足なのに、こんなところで余計な人員が。

そもそも土曜日に手術があることなんて稀なのに。

こんな状態の病院は、とにかくストレスが溜まる。

とっとと出世して、改善しないとな。

出世するには、やっぱり認定看護師になるのが近道なのかな。

日に日に受験日が近づいている。

どうなるんだろうな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

異動。

昨日、彼女からラインで大事な話があると言われた。

すごく嫌な予感がしたので、探ってみるとどうも仕事に関する話のようであった。

少しホッとした。

また別れ話や結婚の話ではなくて、良かったなと。

仕事の話だと異動の話か昇格の話かなと。

ただ今の病院の現状だとどちらも考えにくく、どちらかというと昇格の可能性が高いように思えた。

昇格と考えると先輩の自分よりも先にと思うと腹立たしく感じてしまった。

彼女が昇格なら自分も昇格だろうと自分を慰めながら一夜を過ごした。

そして、彼女と対面しその大事な話を聞いた。

異動が決まったとのことだった。

昇格でなくて少しホッとしてしまった。

異動かぁ。

仕事では、彼女でありながら何度ももめていた。

http://satomi-love.mobi/archives/12151898.html

決してやり易い相手ではなかった。

口では残念がりながらも、心の中では楽になるかななんて。

ただ、やっぱりさみしい。

せっかく一緒に働きたくて、異動を希望して一緒の部署になれたのに。

一緒の部署になれたのに、別れてしまったり。

仲直りして、仕事も覚えてやっと楽しくなりそうだったのに。

時間が経つにつれ、彼女の異動の話により心に大きな穴が空いたようになってしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ほんの少しのことで気分不快。

いろいろとミスをしながらも、少しづつ仕事にも慣れてきて、楽しくもなってきた。

http://satomi-love.mobi/archives/13332899.html

そんななか、月末の締めもので入院人数が合わなくなっていた。

原因は僕だった。

ただ、僕が間違えたとしても翌日も人数が合わないので間違いに気づくはずなのにスルーされていた。

次の日も、その次の日も入院人数が間違っているのに締められていた。

確かに間違えたのは自分だが、自分だけが悪いというのはおかしいのではないかと。

たったそれだけのミスなんだか、僕の貧弱なプライドはぼろぼろに。

そしてもう仕事が嫌になってしまった。

たったそれだけで。

情けない。

なんとかならないかなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

魔の夜勤。

金曜から土曜にかけての夜勤。

なんと金曜は手術がなかった。

普段の金曜日であれば手術が4・5件あるところがないとあって、とても落ち着いた雰囲気であった。

今日の夜勤は楽勝だなと。

一件の緊急入院があったが、ペアの看護師がとってくれたので、バタバタしながらも順調にいっていた。

しかし、夜中の3時に急患が来た。

それでもなんとか対応し、時間通りに朝の検温へ。

思ったように進まなかったが、なんとか時間内には終わった。

そして入力作業に入りたかったのだが、予定より早くドクターの回診が始まる。

ここでトラブル。

指示ミスがあり、ドクターの指示で犯人探しが始まる。

昨日の担当看護師に電話するも繋がらず。

ただ時間だけが過ぎる。

ドクターの回診だけが進み、指示が確認できないまま回診だけが終わる。

やっと連絡がつき、犯人の報告。

報告直後に次のドクターがみえ回診が始まる。

さらに土曜日ということもあり、看護師が四人しかいないため、ナースコールがなりまくり対応に追われる。

進まない入力業務。

やっと終わったのが、13時30分。

それでもペアの看護師は、11時半には帰っていった。

しかし、仕事の振り返りをした時に気づいたことがあった。

患者の総数38に対し、自分21人ペア17人で分けてあった。

それほど手間のかかる患者ではなかったが、やはり二人少なくなると違った結果になっていたと思う。

自分で言うのもなんだが、かなりのスピードアップもできている。

次は、きっとペアよりも早く終われるだろう。

余裕だと思った夜勤が、さんざんではあったが、それなりに自信はついたかな。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ