未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

カテゴリ: 仕事

定例麻雀。

火曜日恒例の麻雀会が開かれた。

今回は、主宰のドクターと自分、あとは後輩の看護師と理学療法士。

後輩の看護師と理学療法師は、かなりのギャンブラー。

しかし、自分から見ると彼らはまだ若い。

いざ、実践。

最初の半荘は、1位自分、2位理学、3位ドクター、4位看護師。

次は、1位ドクター、2位看護師、3位理学、4位自分。

そして、ラストは、1位自分、2位ドクター、3位看護師、4位理学。

トータルは、1位自分、2位ドクター、3位理学、4位看護師。

という結果だった。

とりあえず1位をとることが出来てよかった。

ほぼノーミスで自分の力が出せた感じであった。

今の麻雀グループなら、もう誰にも負けないだろう。

そのくらい自信のつく勝ち方だった。

しかし、コミュ二ケーションが難しかった。

麻雀などをしながら会話をすると、お互いに気心が知れ楽しいコミュニケーションが取れる筈なんだが、まだ少し上手くコミュニケーションできないところがある。

ドクターにたいして、少し気を使い過ぎている面があるのだろう。

昔から、自分よりレベルの高い上司とのコミュ二ケーションが苦手だった。

遠慮してしまったり、萎縮してしまい声が小さくなったりしてしまう。

もう少しで、その壁のようなものが壊れそうではある。

その壁が壊れた時、ドクターとの関係はすばらしいものになるだろう。

次期、医院長になるドクターをつかみ、さらなる出世につなげていきたいな。

今、批判されがちな飲みュ二ケーションと似た、麻雀コミュニケーションだな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

悶々とした気持ち。

今日は、会議を終えて午後から彼女と一緒に働いた。

今日の彼女は優しかった。

仕事も忙しいながらも楽しそうにおこなっていた。

彼女が楽しそうに話をしているので会話にはいりたいのだが、自分の仕事があるので入っていけない。

僕にも話かけてくれるのだが、表面的な会話しかできなくて、悶々とした気持ちが残る。

結局、二人っきりの場面が作れずに仕事が終わった。

帰りも他のメンバーがいて、話が出来なかった。

彼女からラインが来るものの、返信するとラインを子どもに見られてしまうので返信が出来ない。

言いたいことが伝えられない。

悶々とした気持ちになってしまう。

彼女は、僕のことを好きと言ってくれない。

好きと言ってしまうと、僕に依存してしまう気がして、ある程度二人の関係が整理されるまでは言えないとのこと。

これも悶々とした気持ちになってしまう。

付き合ってる頃は、毎日好きってお互いに言い合ってたのにな。

次のデートの日は、彼女は生理。

ここも悶々の原因なのかもしれない。

とにかく悶々。

早く彼女と話がしたいのにな。

しばらくこんな気持ちが続くのは、少しつらいかな。

大好きだよ。

彼女に直接言えないので、こんなところを使ってすみません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

看護師不足。

少し前に話題になっていたような気がするが、最近はあまり聞かなくなった気がする。

8年程前、看護師不足だった気がする。

そんな話題もよく取り上げられていたんじゃないかと。

その話題に影響を受けて、看護師を目指したと。

その当時は景気もよくない雰囲気がただよっており、看護師はきついが需要があり高給で安定の仕事と言われてもいた。

その為、看護学校の入試が何十倍もの競争率になっていた。

その当時に僕は看護学校に入学した。

この競争率をみて、私大が一斉に動いた。

定員割れの続く学部を潰し、看護学部を増設した。

その為、看護学校の競争率も一気に低下していった。

競争率の低下は、看護学生の質の低下へ。

さらに国試の合格率の低下へ。

国試の合格率の低い学校は、また定員割れの危機へ。

その為、看護学生への指導がきつくなり留年や中退が増えている。

僕のまわりには、看護学校を中退した男子が二人もいる。

そして、看護学校が厳しくて大変ということで看護師を目指す人が減っている。

僕の考えだが、看護学部の増設がなければ看護師の質は上がっていた。

看護師の質が上がっていれば、看護師の地位も上がっていただろう。

地位が上がることにより、看護師のきつい仕事のイメージも変わり、看護師になりたい人も増えただろう。

あくまでも僕の想像ではあるが。

僕の勤める三流病院では、現在、看護師不足が問題になっている。

少ない看護師数でまわしているので、一人当たりの仕事量が増え残業も増えるし、疲労も増える。

それにより退職者も増え、より一人当たりの負担も増す。

そして退職者も・・・。

完璧な悪循環である。

負担が増えるので、彼女も疲れ機嫌が悪い。

だから、仕事が一緒になると二人の仲が悪くなる。

ここにも悪循環の影響が。

明日は、彼女と一緒になる。

僕の方は会議にでるので半日なのだが。

今日も残業して遅くなっている彼女。

は~心配だぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

マニュアルを作る。

どうも仕事がスムーズにこなせない。

基本的に要領は良くない。

マニュアルを作り、マニュアル通りに動けば多少効率良く動けるのではないかと。

ただ、マニュアルを作ったからといってすぐに結果がでるものでもないだろう。

自分が困った時に何かをする。

それは何でもいいんじゃないかと。

まず一歩を踏み出す。

これが大切だと考える。

僕の好きな言葉は、

「塵も積もれば山となる」

ということで頑張ってみよう。

マニュアルを作るということは、仕事を振り返り理解ができてないと出来ない作業である。

マニュアルが出来れば自分自身の成長は間違いない。

今は、彼女と上手くいっている。

ほんとはもっと彼女と一緒の時間を楽しみたいのだが、彼女と一緒にいれる時間は限られている。

もっと彼女に認めてもらいたい。

彼女に認めてもらえるもっといい男になりたい。

カッコいい男になりたい。

それが今の僕の原動力。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

噂の二人。

昨日は夜勤。

職場では、僕と彼女の不仲

http://satomi-love.mobi/archives/12495572.html

はみんなの公認となっていた。

いろんな見方があるようだが、基本的には僕が悪者という見方が大半であった。

なのに、全然悪い気持ちはしない。

なぜなら二人は本当は仲良しだし、一昨日だって抱きしめあった仲だから。

http://satomi-love.mobi/archives/12517888.html

今日の申し送りの相手は彼女。

一昨日抱きしめあった仲なのに、重圧半端ない。

タドタドしながらなんとか送るが、彼女の機嫌は・・・。

今日は、少し余裕があるみたいで決して悪くはない。

僕の方もそんな彼女の様子を感じて、嫌な気持ちは全然ない。

なのにお互いに喧嘩モードを出し巻くる。

周りのメンバーが心配し始める。

周りのメンバーには、ほんとに合わない二人に見えているんだろう。

なんか面白い。

そして来月のシフトを見てビックリ。

彼女と二人の夜勤が無くなっていた(涙)

そんなに気を使ってくれなくてもいいのにな。

病棟公認の不仲な二人が完成しちゃった(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ