未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

Category: 仕事

パワハラ。

看護師は女性が多い。

だからという訳ではないとは思うが、感情の起伏のある人が多い気がする。

僕の彼女もその中の一人に入ると思う。

一緒に働いている時に、何度も彼女の逆鱗に触れたことがあった。

三流病院の副看護部長もその起伏のある一人である。

部署は違うのだが、一年後輩の看護師がパワハラでその副看護部長に抗議をした。

すると、その副看護部長は、

「私も人間だから仕方ない。そのくらいは受け入れて欲しい」

と答えたらしい。

それを受けて、その副看護部長は異動することになった。

ただ異動するだけなのか、降格するのかはわからないが。

副看護部長は、実質、三流病院の看護師の全権を握っている。

今、退職者が多く出ており、その対策として退職の意向や退職届けを受け取らないようにと指示を出している。

それに巻き込まれ、僕の退職届けも受け取られることなく、鞄の中で眠っている。

さすがに、このまま眠らせておくわけにはいかない。

そこで、このパワハら問題に便乗して、人事部に退職の話を放置されてるハラスメントを受けてるって相談に行った。

すると人事部長が、そんなのほっといて人事部に任せてあるって言えばいいと言われた。

やった~退職成立だ!っていう嬉しさと、結局、全く引き留められることなく退職に。

人事部長も少しは退職理由を聞いてくれたり、引き留めをしてくれてもいいのにな。

なんか寂しい。

いろいろ優柔不断に悩んできたが、これできれいさっぱりだ。

新しい職場に向け、また頑張っていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

面接の結果。

http://satomi-love.mobi/archives/18526983.html

昨日、面接の結果が出た。

不採用だった。

自己PRもしっかりできたし、仕方ないかなという気持ちと、また数字や売上、ノルマだアポイントだなんていう世界に戻らなくてよくてホッとした気持ちで、残念という気持ちはあまりなかった。

ただ、やっぱり不採用というのは悔しい。

営業職はやらないと言いきったことが不採用の結果だったので、多少の慰めにはなるが、営業をやらなくてもいいから入社して欲しいと言われるくらいの男になりたいなとは。

最近は、看護師としての面接ばかりだったから、どこも是非とも来てくださいって感じだったけど、やっぱり社会は厳しいのかな。

これで、迷いなく老健へ。

明日、部長と面談予定を組んだので、きちんと退職の意を伝えてこないと。

なかなか難しそうだが、気持ちが硬いことを伝えれば大丈夫かな。

結構、メンタルがやられた1日だったが、こんな日は彼女に癒してもらいたいが、今は一人で耐えるしかない。

あぁさみしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

面接。

今日は外資系企業の面接だった。

http://satomi-love.mobi/archives/18372417.html

都会の新幹線出口で待ち合わせ。

予定通りに到着し、準備もバッチリ。

スムーズに面接へ。

無難に面接も終わった。

少しミスをしてしまったが、自分の実力は出せたのではなかろうかと。

これで採用されなければ、実力不足と必要に値しなかったというところで、納得できそうだ。

ただ、今回の場合、もし採用となった場合に上手く仕事ができるかが不安である。

初めての気持ち。

採用されるということは、年齢的には即戦力。

すぐに結果を求められそう。

不安だぁ。

さらに、返事は1週間後。

それまで老健の返事を伸ばせるかも不安。

何もかも不安。

給料も希望額を伝えたが、それくらいでいいの?って反応だった。

もっと高額を言えばよかったのかなぁ。

とりあえず、返事がくるまでに気持ちの整理をしておかないと。

また数字と売上と商談と酒とタバコとギャンブルと女とごますりのどろどろした世界に戻るのかぁ。

看護師もどろどろしてたから、大丈夫かな。

すべては、一週間後。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

相変わらずの優柔不断男②

そもそも優柔不断ではあったが、ここまで酷いとは。

今日は、日勤だった。

行くまでは、モヤモヤというか仕事嫌だなっていう気持ちが強く、早く退職したいという気持ちだった。

ところが、思った以上に仕事がスムーズに進む。

スムーズに進むと仕事が楽しくなり、辞めるのが惜しくなる。

さらに、美人の女医さんからバーベキューのお誘いが。

仕事で行けなかったが、誘われたことに自信がつく。

本当に気の許している数人のメンバーしか誘わない女医なので、そこに入っていることは信頼されている証になる。

その女医は、理事長の娘なので、大きくとらえると病院からも信頼されていると受け取ってもいいのかなと。

そして、仕事が終わりゴルフ練習場に行くと、理事長に遭遇。

理事長からも、明日ゴルフに行かないかと誘われる。

ここも仕事でお断りを。

その後は、マンツーマンレッスンをしてもらう。

ふと思うと、理事長にゴルフを教わり、理事長の息子の副医院長とは麻雀をし、娘の女医にバーベキューに誘われたりゴルフも何度か行っている。

三流病院のワンツースリーと仲良し。

さらに、人工関節の名医ともゴルフ仲間だし、整形のドクターに空手も習っている。

こんな状態なのに、退職するのはなんだかもったいない気が。

何で退職したいと思ったんだっけ?

いろいろあり過ぎてわからなくなってきた。

自分でブログを振り返って、気持ちの整理でもするかな。

信念。

持たなきゃな。









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

相変わらずの優柔不断男。

三流病院を辞めて、老健へ転職を考えている。

http://satomi-love.mobi/archives/17825921.html

考えているというか、転職する予定で退職の話をし老健へも入職の意を伝えてある。

http://satomi-love.mobi/archives/17906331.html

なのに今更迷いが。

少し前に、たまたま外資系企業で看護師を募集しているのを見つけた。

その外資系企業は、三流病院にも出入りしており、担当者とも何度かゴルフに行ったこともある仲だし、その担当者は立場も結構上の方だった気が。

そこで直接電話して問い合わせた。

すると、そういった募集があることも知らなかったが、本部へ伝えてくれるとのことだった。

しばらく連絡がなかったことと、早く三流病院から逃げたいこともあって、もう老健でいいやと思っていたのだが、昨日連絡がきて部長と面接をとのことだった。

頭の中は外資系の妄想でいっぱい。

直行直帰。

インセンティブ。

都会のマンション。

海外研修。

などなど妄想が膨らんでいく。

実際はそんなに甘くはないと思うけど。

そんな妄想をしていると、老健の待遇に少し不満を感じはじめた。

今の三流病院とたいして変わらないのではないかとも。

そんな思いもあるのだが、外資系企業で働くことも決して楽ではなく大変な思いをすることも多いだろう。

自分に高いものを求められそうで不安でもある。

一方老健は、それなりの安定があるだろう。

無理に背伸びをする必要もないのかも。

まぁとりあえずは部長面接を頑張ってこよう。

相変わらずの優柔不断男で情けない。

他の人は、迷ったりしないのだろうか。

自分が面倒臭い。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ