未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

Category: 仕事

プロフェッショナル・グリーフ。

グリーフケアというものがある。

簡単に言うと、身近な人の死に悲しみや喪失感をもった人に対し、その気持ちの回復に寄り添いケアをすることになる。

看護師では亡くなった家族のケアをすることを主に言う。

プロフェッショナル・グリーフとは、突然の死に立ち会った看護師や職業として立ち会ったものがうける無力感だったり喪失感、責任感などといった気持ちのことをいうらしい。

そんなプロフェッショナル・グリーフになってしまったのかもしれない。

それは、ターミナルの人が一人亡くなり、何かスイッチの入らない無気力な状態で夜勤をしていたとき、

http://satomi-love.mobi/archives/22257921.html

突然の死に立ち会ってしまった。

明らかに力不足だった。

経験も知識も何もかも足りてなかった。

全くまともな対応が出来ず、その利用者さんは亡くなった。

力不足を認める自分。

でもあの状況なら仕方なかったと言い訳する自分。

対応に後悔する自分。

みんなの前でぼろぼろの対応をし、カッコ悪い姿を見られてしまったことを恥ずかしいと思う自分。

あんなできないやつに夜勤をやらせちゃダメだなと言われてるんじゃないかと恐れる自分。

過失がバレるんじゃないかと不足な自分。

下手くそな看護記録。

いい加減なことを言ってしまったドクターコール。

医師に大切なことを伝え忘れてしまった自分。

振り返ると後悔とミスばかり。

さらに、この死に対して別の問題があり警察の介入。

自分のミス、過失、下手くそな看護記録、言動、すべてが記録され、証拠となる。

自分の能力の無さを全社員に公表されているような気持ち。

そんな悔しさ、屈辱感、人一倍高いプライドが傷ついている。

なのに、素直に認められない。

さらに、そこに利用者さんの死を悼む気持ちがどこにもない。

この亡くなった利用者さんは、一番関わりのあった人だった。

ユマニチュード

http://satomi-love.mobi/archives/22208196.html

とか言って、自己満足ケアをしていた人だった。

にもかかわらず。

とても恥ずかしい。

情けない。

こんな自分が嫌だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ターミナル。

自分の勤める施設では、病院に行かずこの施設で最後をむかえることをターミナルと呼んでいる。

今、ターミナルケアをしている利用者さんが2名いて、1名はもういつ亡くなってもおかしくない状態であった。

夜勤中、もうダメかなと思って、亡くなった時に対応できるように準備をした。

まだ自分は人の死に仕事でたずさわったことがなく、実際にどのように対応してよいのか不安がある。

そんな不安な気持ちで夜勤をし、その日は無事に終わった。

そして今日、休みを1日挟んでまた夜勤である。

その利用者さんが存命であった場合、また不安をかかえながらの仕事になるだろうと嫌な気持ちになってしまった。

できれば、休みの間に亡くなっていてくれたらなんて不謹慎な気持ちも。

出勤して、最初にその利用者さんの名札を確認し、名札がなくなっていた。

おそらく亡くなられたのだろう。

そう思い、気持ちが楽になる自分がいた。

人が亡くなることに安堵してしまった。

とても複雑な気持ち。

今、夜勤中なのだが、ぜんぜん気持ちが入らない。

ただ作業をしてるだけ。

少し前まではやる気のようなものがあふれていた気もするのだが。

今は、何かスイッチのようなものを入れないといけない状態みたい。

ターミナルケアの影響なのかな。

何か答えが見つかるといいのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ユマニチュード。

夜勤中に少し勉強でもしようと思い本棚を物色していると「ユマニチュード入門」という本があった。

「ユマニチュード」という言葉を知らなく、なんか知ってないといけないような気がしたので読んでみた。

まだ前半の部分しか読んでいないが、自分には危険な本だった。

「ユマニチュード」とは、認知症ケアの技法であり、優しさを伝えるケア技術ということのようだ。

途中までの自分の解釈では、相手に対し同じ目線で、声を掛け、理解を得てケアを行っていく。

あたり前のことなのだが、相手が認知症であったり寝たきりであったりすると、この点がおろそかになる。

そして、その本に刺激され、ただでさえケアに時間のかかる自分がさらにケアに時間をかけるようになってしまった。

「ユマニチュード」を実施しているから仕方ないなんて感じで。

ただ、実際に「ユマニチュード」を意識してケアをすることにより、相手の反応がよくなっているような気が。

自己満足。

でも、他のスタッフが無言でケアをしているのをみると、利用者さんがかわいそうだなと思う。

そして、この「ユマニチュード入門」を読めとも思う。

まぁでも忙しいし、仕方ないのかなとも。

まだ途中なので、最後までしっかり読んで「ユマニチュード」を自分のものにしたいなと。

そして、利用者さんに対していい結果が出せるといいなと。

結局、自己満足で終わりそうだけど。

自己満足でも、楽しく、相手のことを大切に考えるケアができるように頑張ろうかな。

こんな気持ちを忘れずに、ずっと仕事に取り組めるといいけどな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

悲しい現実。

転職しなかなかいい条件の施設に入職できたかなと思っていた。

しかし、だんだんとこの施設の現状を知りはじめ悲しい現実と向き合う必要が出てきた。

夜勤10回の約束であったが、今月は8回で来月は9回。

10回ではないが誰よりも多く夜勤に入れてくれているので、ここは妥協しようかなと気持ちも整理できつつある。

ただ、今一番嫌な気持ちになるのは経営方針である。

聞くところによると、昨年の冬の賞与は2割カットだったようだ。

理由は、新しく建て替えた施設にお金が必要となったから。

お金の調整がついたら返金するとのことだったが、利益が出てないからということで返金できないということみたい。

新しく建て替えた施設には、喫茶店が併設されているらしくそこにフランスのパティシエを呼んでいるだのセブンイレブンより高級なコーヒーマシンを採用したとか。

どうもその辺りに多額の資金が投入されたようだ。

よく意図がわからない。

謎の経営。

さらに、研修のときに稲盛和夫のフィロソフィーがどうのと説明するので、稲盛和夫の本を読んでみた。

稲盛さんは、人材は大切だからリストラはしない。

教育が大切。

燃える闘魂。

なんて、感じのことが書かれていた。

この施設では、リストラが進んでいてかなりの人員削減されていた。

さらに、リストラのくせに自己退職扱い。

厨房で作っていた食事をできあいの温めるだけの食材に変えて、調理師と栄養士を減らした。

さらに職員の食堂も閉鎖。

その状況にみかねて、調理師がさらに退職願いを提出し回らない状況になっている。

派遣ナースも来月で二人いなくなる。

干し葡萄も契約満了となる。

なのに、新しく派遣ナースを採用する予定はないようだ。

せっかくゆっくり働ける職場だと思ったのに。

残念だ。

早く次の職場を探さないと。

しかし、今の条件を上回るところはなかなかないだろう。

悲しい現実。

ただ、この施設の運営は東大卒の会計士で35歳ぐらいの若者が舵をとっている。

こんな何も知らない学歴だけの若造に何ができるのだろう。

もっと経験を積んでから経営の舵をとってもらいたい。

あぁ不安だ。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トリップアドバイザー。

そういう名前のサイトがあるが、少し別の意味で。

この前、彼女と久しぶりのデートをした。

彼女からのリクエストは秋を満喫したいと。

そこで、ネットをサーフィンし秋の満喫デートをプランニング。

秋と言えば松茸と思い、ドライブ+松茸のデート。

彼女は大満足。

自分でも大満足。

すると彼女から、

「いつも思うんだけど、すごくいいデートだよね。

お店も素敵だし、場所も楽しいし。

センスいいね。」

なんて。

でも、以前から思っていた。

いいプランをたてるなと。

今、県外や海外からも旅行者が来る。

そんな人たちは、旅行紙やツアーなどで有名店をまわる。

なかにはいかにも旅行者専用の店もある(地元の人はいかないような)。

そんな旅行者に自分の知っている素敵な店や絶景スポットなどを案内したいと。

できれば有料で。

そしてそれを仕事にしたいなんて考えたけど、仕事にできるほど知らないし、人に教えてたら穴場ではなくなってしまう。

ということで、穴場スポットを維持していこうかなと。

写真は、松茸料理。

松茸ご飯と舞茸の天ぷらと松茸の吸い物。

他にうなぎとメロンがついて2500円。

IMG_20191106_125833
IMG_20191106_125607
IMG_20191106_125206
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ