未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

Category:

ランチ+α。

先日、バイト先の看護師さんとランチに行って来た。

どういうつもりで誘ってきたのか分からないけど、断るのも失礼だと思い行くことにした。

その看護師さんは40代前半。

この前、29才と言われたと言っていたが、どう見ても年相応。

前にも言ったが、自分の広いストライクゾーンでも明らかに外れるレベル。

でも、意外と私服姿は悪くなかった。

ギリギリアウトなぐらい。

そんな彼女とランチタイム。

まぁ会話も弾み楽しい食事ができた。

自分は夜勤明けだったので眠気に負けるかと思ったがなんとか大丈夫。

ホテルに連れ込まれることなく無事にランチをこなした。

結構、うぶな看護師さんでエロ話も控えめで世間話が多かった。

その翌日、バイトへ。

ランチの看護師さんは休み。

今日は別の40代看護師さんとペアでお仕事。

でも、ここのバイトは本当にひま。

ずっとおしゃべり。

この看護師さんは、顔はストライクなのだがちょっとぽっちゃり。

細身が好みの自分には、少し無理。

そんな彼女は、若い頃モテたようで遊び人ふうな絡みをしてきた。

ほぼエロ話。

やった人数とか浮気だ不倫だとかと。

よくよく考えれば、二人の看護師はともに既婚者。

二人は自分に何を求めたのだろうか?

ただの話相手だといいんだけど。

たぶん、ただの話相手。

もしかしたら、暇潰しの相手。

そのぐらいで終われるといいな。

というか、どっかに美人はいないのか。

今の職場もバイト先もいない。

そう言えば地味に通ってるジムに、何人か美人がいた!

前の病院にも何人かいた!

そろそろ動き出さないといけない時期なのかな。

あぁ元彼女に会いたい。

でも、以前よりは未練ないかも笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新しい動き。

彼女からは何の連絡もない。

自分からも何の連絡もしていない。

あの胸痛の日以降、彼女を見かけることもなければ、胸痛もおきていない。

そんななか、少し新しい動き。

以前から続けていた筋トレ。

成果がやっと表れはじめた。

体脂肪率が下がってきた。

とても嬉しいが、やっぱりきつい。

そこで筋トレを頑張ったご褒美として、帰り道に彼女の家をストーキング。

ただ家の前を車で通りすぎるだけなんだが。

もし彼女の顔が見れたらなんて思うのだが、この寒い時期はカーテンもしっかり閉まっているし、その可能性は無いに等しい。

でもドキドキする。

病気だな。

そして、もう一つの新しい動きが。

アルバイト先の看護師さんからランチのお誘いが。

ただ、自分の広いストライクゾーンをもってしてもその看護師さんは圏外である。

とりあえず、誘われてしまったものは仕方ない。

誘われただけましだと思って、消化してこよう。

そしてさらにもう一つ新しい動き。

相手のレベルは半端ない。

今の勤務先の後輩から誘われた。

AKBの握手会。

CDが発売されたようで、このCDを申し込むと行けるらしい。

まだAKBのメンバーはよく知らないが、きっと新しい世界が開けるんだろう。

数少ない知ってるメンバーの一人、須田亜香里。

彼女と握手できる。

そう想像すると、妙に高鳴る鼓動。

まずはCDを申し込もう。

ウキウキ笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

胸痛。

今日はバイト。

いつもより早い時間にいつもと違う道で出勤。

細い道から大通りへ合流。

朝の混雑もあり、合流に戸惑う。

強引に合流。

後ろの車は合流無理だろうなと思って、細い道の出口をみる。

すると、なんだか見覚えのある車だなぁと。

ナンバーをみると、彼女のナンバーであり、その車は彼女だった。

しかし、彼女は反対車線に合流しすぐに見えなくなった。

ナンバーをみたので、運転席の彼女の姿はほとんど見えなかった。

すると、急に胸痛が。

脈がドクドクと。

合流に戸惑っている間、彼女は自分の後ろにいた。

だから、彼女は間違いなく前の車が自分だとわかっていただろう。

その時、彼女はどんな気持ちでいたんだろう。

もしかしたら、自分は合流時に戸惑い独り言を言ってたかもしれない。

なんか恥ずかしい。

彼女はどんな気持ちなんだろう。

胸痛は続き、呼吸まで苦しくなる。

身体中が熱くなる。

ただほんの一瞬なのに。

時間とともに忘れていったものが一気に蘇る。

頭の中は、彼女のことばかり。

仕事は順調なのか。

メンタルは落ち着いているのか。

どんな気持ちで年を越したんだろうか。

もしかしたら、もう別にいい人がいるんじゃないのか。

そう言えば、勤務先の病院に新しくきた男性看護師の話をよくしていたなと。

膨らむイメージ。

高鳴る鼓動。

吹き出す汗。

バイト先に到着。

意外とすんなり気持ちが切り替わる。

不思議な感じ。

ただ今またこうして彼女のこと、そしてほんの一瞬の出来事を振り返る。

それだけで胸が苦しい。

さすが未練タラタラ男だ笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

even if 。

たぶんあっていると思うんだが、平井堅がこんな題名の曲を歌っていたと。

https://youtu.be/b6sijPV-ufI

もう20年くらい前だと思う。

彼氏のいる女性を好きになり、その子とおしゃれなバーで飲んでいるという内容の歌。

当時、とても好きな子がいてその子をおしゃれなバーに誘おうと必死だった気がする。

その歌詞の中で、バーボンが登場する。

バーボンがどんなお酒かを最近知り、そしてついに購入をし、彼女のいない寂しさを癒す為に飲んだ。

そしたら、そんな歌詞を思い出し、20年前の記憶というか思い出にどっぷり浸り、現実逃避。

あの頃は、全然彼女ができなかったけど、今よりモテたし、出会いもたくさんあったなと。

そして、20年後、今自分がこんな感じで生きているなんて想像していなかったなと。

そっち方向に考えると悲しすぎるので、モテた思い出に浸ることに。

お正月ということで、年賀状が届いている。

その中には、自分が振られた子と結婚した友人からのものだったり、自分が開催したコンパでカップルになった二人であったり、一緒に毎晩遊んでた友人の家族写真入りの年賀状があったりと。

こっちも寂しくなるけど、あの時、もう少し真面目に将来を考えていたら、みんなの将来も変わってたりするのかなと。

これも悲しい。

まぁ、バーボンを飲む自分が渋く大人になったなと。

even if の歌詞のように、鍵を掛けてしばらく閉じ籠りしようかな。

あ~寂しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

我慢中。

彼女と別れて20日がたった。

気持ち的には、1ヶ月以上たったような気持ちでいた。

今回は前回のとは違う感じ。

やっぱり職場で会わないということが大きい。

彼女のことを考える時間が減ったのと、未練が出難くなった。

自分からみると彼女はめちゃ美人。

そしてスタイルもいい。

朝顔の上野樹里とラジエーションハウスの本田翼の月9女優2人を足して2で割った感じ。

あくまでも自分の個人的な意見です。

今までは会う度や会うんじゃないかと考える度に胸が熱くなったり、気持ちが高まったり、逆に意地を張ったりと心に大きな波が立っていた。

でも、今はそれがなく心は穏やか。

今では、とても冷静に彼女のことを考えはじめている。

そもそも彼女には自分は必要なかったのではないかとも。

旦那が亡くなり、自分が支えてあげたいと思っていたけど、彼女は子どもたちと仲良く静かに暮らしたかったのではないかとも。

彼女なりに前々からそんな気持ちがあり、決心したのではないかと。

自分はただ彼女の気持ちを掻き回しただけ。

そう考えると、彼女を悲しませた思い出ばかり浮かんできて、自分の行為の反省と申し訳ない気持ちになる。

今はそんな気持ちばかり。

心配なのは、ふとどこかで彼女を見かけた時。

きっと大きく気持ちは動くだろう。

なかなか見かけるなんてことはないだろうが、とても心配だ。

この先、どうなるのだろうか。

全く予想がつかない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ